curry-curry.net

カレーについて勉強中。

今日の晩ごはんは印度カリー子さんのバターチキンカリー。レシピは偉大である。

ここ最近、真面目にレシピを見ながらカレーを作ることに挑戦している。

というのも、アドリブで作るオリジナルカレーの味がイマイチだと感じるようになったからだ。

アドリブとはいえ作り方の大枠は変えていない。味がそのままなのに感じ方が変わったとなると、舌が肥えたと考えるのが妥当である。そういうことにしておこう、ポジティブにね。

とにかくオリジナルの味がイマイチに感じるので、修行というか、トレーというか、カレー作りの腕を鍛えるため、レシピと睨めっこしているわけである。

レシピ通りに作るとうまい。さすが料理のプロが考えただけあって、手順に従えばうまいものが出来上がる。

レシピを読むと、この食材はこういう狙いで使います、といったようなコメントが書かれていたりする。これが非常に勉強になる。

今までは、ナスが好きだから入れる、みたいな作り方だった気がする。食材を選ぶことで最終的な味が決まる作り方だ。

一方で、ある食材を使うにあたって狙いがあるというのは、完成形のイメージがあってこそ成り立つ。味が先に決まり、それを実現する食材が選ばれることになる。順序が逆である。

仕事でも何でもゴールが明確であればあるほど、最初に準備しておくものやプロセスがはっきりしてくるものだ。

レシピを見て作ることは、プロがイメージしたゴールに向かって、レシピに導かれているということだろう。だから、美味しくできるんじゃないか?

となれば、オリジナルカレーを作る場合でも、明確なゴールのイメージを持つことが重要となる。そのイメージは、いろんなカレー屋さんを巡り得た経験値で形作られるのだろう。

ゴールが決まれば、そこから逆算が始まる。その先に必要な食材やスパイスが現れるに違いない。このときの逆算の腕前は、自分で何回もカレーを作ることで磨いていくしかないと思う。

カレー道は茨の道ですなぁ・・・でもそこが面白い!

 

今日の一皿

今日は印度カリー子さんのスパイスセットでバターチキンカレー。スターアニス入り。

f:id:spicecurry:20180225194849j:image

 

前回よりも美味く作れたかな?

f:id:spicecurry:20180225194930j:image

毎日写真をあげていると、どうもお皿のレパートリーの少なさが気になってくる。レシピ本を眺めていても、ついつい皿に目がいき「こんなの欲しいなぁ」と考えてしまう。

インドカレーっぽい銀色食器も欲しいんだよなぁ。