curry-curry.net

カレーについて勉強中。

レトルトのアレンジも面白い/業務スーパーのバタチキを少しアレンジしてみた

世の中便利なもので溢れかえっている。

その代表格がレトルト食品ではないだろうか。

レトルトカレーの場合は温めてご飯にかければ完成する。

この手軽さ、そして、長期保存が効くという点で災害時には非常に役立つ。

冷凍食品と違い常温で置いておけるし、缶詰のようにゴミ出しの面倒さもない。

 

しかし、温めて掛けるだけで済ませていては、普段から料理をしている人間は、なにか物足りなさを感じてしまうのも事実。

料理には作る楽しみもある。それが楽しめる環境があるのなら、楽しんでおきたい。

そんなわけで、ごく稀にだが、レトルトカレーを少しアレンジして食べることがある。

主に、肉や野菜をプラスだけなのだが、これがなかなかいい具合に成功することもある。

まぁ、自分好みの味にチューニングするのだから、美味くなったように感じるのは当然かもしれない。

でも、味だけではなくて「アレンジした」ということも、美味くなったように感じさせる要因のひとつだと思う。

手を加えると愛着が湧くんだろうな。

 

今日の一皿

今日の一皿と言いつつ、実は昨晩の一皿…レトルトをアレンジしたバターチキンカレー。

f:id:spicecurry:20180311214235j:image

使ったレトルトはこちら。

f:id:spicecurry:20180311214420j:image

業務スーパーで購入したバターチキンカレーの素。3袋入りで・・・結構安かったはず。

本来は、サラダ油で焼いた鶏もも肉に本品をかけ、一煮立ちしたら完成、というお手軽商品。

パッケージの指示通りに作ってもそこそこ美味いのだが、かなり味付けが偏っていて、塩分とうま味が非常に強く、酸味があまりない。

もう少しバランスよく、ということで少しアレンジして調理してみた。

まずは玉ねぎはかなり濃いあめ色まで炒め、そこへ鶏もも肉を投入。塩胡椒を振る。

そのあと、本品を投入し、さらに少量のケチャップとヨーグルトを加える。

これでも酸味はまだまだ弱かったので、次回挑戦するときは、もっと酸味を付けたいかな。

レトルトのアレンジも面白い。