curry-curry.net

カレーについて勉強中。

料理って大変…飲食店ってすごいよね、と改めて思った/和風スープカレー

自炊をしていると、飲食店の凄さがわかってくる。

普段当たり前のように注文している「定食」や「ランチセット」といったメニュー。

これを自分の家で再現しようとすると、なんと大変なことか。

もちろん、設備と人手が違うし、一度に作る量も全く異なるので、飲食店と自宅の作業量を単純に比較はできない。

しかし、それでも飲食店って大変だなと思わずにいられない。

 

例えば、インドカレー屋でランチセットを頼んだとする。

店にもよるが少し豪華なところだと、カレー、ティッカ、シークカバブ、ナン、ビリヤニ、サラダ、そしてラッシーなんていうメニューが出てくる。

これでだいたい1200円といったところ。

ランチに1200円は「高い!」と感じる人もいるだろう。

確かに、ほかの選択をすれば、もっと安いランチは山ほどある。

問題は、この豪華さでこの値段というところだ。

「2000円あげるから作って〜」と頼まれても、絶対に引き受けない。

労力に見合わないからだ。

それをやってのける飲食店、さすがプロフェッショナル。

 

それだけではない。

膨大な作業量に加え、その質も一定以上をキープしなければならない。

美味しくない店は残念ながら、経営し続けられないのが現実である。

今の時代、口コミはあっという間に広がってしまう。

とくに悪い口コミほどインパクトが強く、人の脳裏に焼きつきやすい。

 

このお店もあのお店も、美味い料理を大量に作って、やっと成り立っているのか。

そんなことが考えられるようになると、運ばれてくる料理に対して感謝の気持ちが湧いてくる。

外で食べるカレーも、もっと一口一口、大切に食べたいな、と思う。

 

今日のひと皿

今日は和風スープカレー

f:id:spicecurry:20180322214943j:image

今回は具がたっぷり。

まずは、長ネギ、ニンジン、シイタケ、それに鳥もも肉を市販のめんつゆで煮込む。

この時点でかなりいい香りのする「鍋」になっていた。

白ごはんと一緒に食べたい欲望を抑えつつ、カレー粉を加える。

最後に水溶きカタクリ粉でとろみをつければ完成。

 

カレーを作るのと並行して、ナスとカボチャを素揚げしておく。

さらに今日はご飯のストックがなかったので、米炊きも同時進行…忙しい…

我が家には炊飯ジャーがなく、いつも圧力鍋で炊いているので、キッチンはいっぱいいっぱい。

 

そんなテンヤワンヤな中、出来上がったのがこちら。

f:id:spicecurry:20180322215944j:image

あれだけバタバタと調理したのに、見た目はあっさり?

もっと労力に見合ったインパクトのあるカレーになって欲しかったな、と思ってしまう…

まぁ、見た目のことは置いておいて、問題は味である。

ベースが鍋ということもあり、非常に食べやすい。

今回、カレーにはいっさい油を使っておらず、含まれるのは鶏肉から出る油だけである。

そのため、見た目と同じくあっさりした味わい。

 

素揚げした野菜と一緒に食べると、今度はいい意味で脂っこさが出る。

また、野菜の甘みも加わり、味の幅が広がって面白い。

 

作るのはなかなか苦労するけど、なかなかいいメニューではないだろうか。

いつものカレーに少し飽きてきたとき、この和風スープカレーはいいかもしれない。

このレベルのカレーは、サクッと作れるようになりたいな。

もっと効率のいい調理方法を身につけないとね。