curry-curry.net

カレーについて勉強中。

【らっきょ チキンスープカレー】デカいパッケージに詰まっていたのは、デッッカい具材たちでした【レトルトカレー】

北海道スープカレーの旅【番外編】はまだまだ続く。

第2弾は「らっきょ」さんのレトルト「チキンスープカレー」をご紹介。

今回の旅の途中でお店の近くまで行ったのだが、残念ながら胃がパンク寸前だったこともあり、訪問を断念してしまったスープカレー屋さんの「らっきょ」。
関東方面にも店を構える人気店で、独特の世界観に興味をそそられる。

f:id:spicecurry:20180421133044j:image

いかにも札幌土産といったように観光名所が並べられたパッケージ。

f:id:spicecurry:20180421133553j:image

裏面には店舗情報と、食べ方の説明書き。

メーカーじゃない、カレー店のレトルトって所々ジョークが入ってるよね。

これに対して暖かく微笑むことができるのか、冷たい真顔で終わるのか。

ここでもカレー愛が試されていると思う。

ちなみに個人的に気になったのは、右上「チキンスープカレー」のカとレの間の空白。なんだろう、この違和感。

f:id:spicecurry:20180421133628j:image

今回、このレトルトを手に取った理由がこちら。

とにかく大きいのだ。

一般的なレトルトカレーの箱が無かったので、とりあえずSBの瓶を並べて見た。

これだけ大きいと何が入っているんだろうと期待も大きくなる。

f:id:spicecurry:20180421133646j:image

入っていたのは、2つのレトルトパッケージ。

それぞれしっかりと温めて、いただくことにする。

f:id:spicecurry:20180421133707j:image

大きい方はスープと具材。

期待を超えるボリューム感!

チキンレッグがまるまる一本入っていることは記載されていたが、ジャガイモと茹で卵も丸々入っているとは。

ニンジンもゴロッと大きめのものが入っている。

この時点でそこそこスパイシーで、これだけでも十分食べられる。

f:id:spicecurry:20180421133724j:image

小さい袋の方はペースト状のスパイス。

入れてみるとさらににスパイシーな香りが広がり食欲をそそられる。

 

ボリュームに驚かされたが、口にしてさらにビックリ。

なんだこの柔らかさは!?

ジャガイモは中までちょうどいい具合に茹でられ、ニンジンは崩壊ギリギリのトロトロ状態。

極めつけはチキンレッグ。肉がホロホロなのは当然として、軟骨がほぼゼリー状になっている。それだけでなく、骨までサクサクと食べられるのだ…

さすがに骨全体を食べることはできなかったが、1本のチキンレッグを無駄なく味わえた気分になれた。

 

全体的に彩りがすこし悪いので、野菜をトッピングすると完成度が高まるだろう。

辛さは結構控えめで、辛いものが苦手な方でも十分食べられるはず。

いやぁ、これは買って正解だったね。

いつか店舗の方にも行ってみようと思う。